MENU

ホーム > コンテンツ > 濱野のフォーマルバッグ -入卒・お受験編-

濱野のフォーマルバッグ
-入卒・お受験編-

入学・卒業式 お受験にふさわしいバッグとは?

入学式や、卒業式、さらには学校見学や面接など、学校行事に 関して、大きめのバッグをひとつ持って行くのか、小さめのフォーマルバッグ+サブバッグで行くのか?いろいろ悩んでしまうと思います。 卒園式や卒業式で一番多い服装は「黒・紺・グレー」のフォーマルウェアです。それに合わせるバッグとして、お色はブラックが圧倒的に多いのですが、入学式においては、白やベージュを使ったセットアップスーツも人気です。そのような場合にはベージュ系やブラウン系のバッグもおすすめです。また、手荷物が増えたときに備えて、折りたためるコンパクトなエコバッグを持参される方も多いです。その場合には、シンプルでしっかりとした作りのバッグを選びましょう。

入学・卒業式 におけるバッグのマナーとは?

入学式のようなハレの日だからと言って、爬虫類系やキラキラとスパンコールが付いたバッグは向いていません。入学式の場合でも、できるだけシンプルな革製か布製の無地のバッグがお勧めです。また、入学式などでは入学に関する書類や、スリッパ持参を求められる場合もあります。そのような場合に備えて、サブバッグを一緒にお持ちいただくもおすすめです。その際には、カジュアルなものは控え、バッグと同系色をお選びいただくとエレガントにスッキリとまとまります。HAMANOでもA4サイズも収納可能なバッグから、小さくとも収納力のあるミニバッグまで取り揃えています。

学校見学やお受験面接では・・・

一般的にはブラックかネイビーの革を使用したシンプルかつ素材の良いバッグが好ましいです。革の光沢はおさえ、金具は目立たず控えめなシルバーが好ましいと言われています。 メインのバッグは膝の上に置き、サブバッグは着席時に足もとに置きます。そのためどちらも自立するタイプをお選びいただくのがおすすめです。また、メインバッグの大きさは着席時に膝の上にちょうどおさまる程度のあまり大振りでないサイズが良いでしょう。尚、肩掛けのトートバッグや、ブランドロゴがしっかり入ったようなブランドもののバッグは、カジュアルバッグという位置付けになりますので、このようなシーンには向いていません。

シーン別で見る
結婚式・パーティ編
セレモニー編
フォーマルバッグの選び方とお手入れ方法
-プロフェッショナルの視点から-
一生に一度の大切なお買い物をご満足いただけるように、
バッグの選び方やお手入れ方法などをご紹介します。
濱野の技術
-濱野の長い歴史の中で培われた、洗練された技術の数々-
濱野の歴史
-江戸時代から続く伝統技術と精神-
HAMANOについて
-濱野をもっと知る-
現在登録されている商品はありません