送料無料キャンペーン

ホーム > HAMANOストーリー > ヒストリー

江戸時代、革製のつばや鞘を手がけていた濱野清太郎の技術を受け継いだ甥の伝吉が「濱野伝吉商店」の名で創業したのは明治13年(1880年)。
ちょうど、長い鎖国の眠りから覚めた日本が、近代化に向かって走りはじめた時期でした。
街ゆく人々の装いに西洋の風が吹き込んだ時代に、その変化を敏感に感じ取った二代目初男は、当時は大変珍しかったVOGUE誌など欧米のファッション誌を取り寄せたり、研修のために職人をフランスに派遣するなどして、徹底して世界のトレンドを研究しました。
その結果、バッグといえば丈夫でがっちりした箱型という、それまでの常識を破る美しい曲線美を持つハンドバッグを世におくりだすこととなりました。

3代目の敬之は、乗馬の腕前を見込まれ、ハワイのポロトーナメントに出場した後、皇室のポロ競技のご指南役を拝命されたことによって、世界のセレブリティとの交流を深めることとなりました。
そのことがきっかけとなり、日本の皇室から海外の国賓に贈られるバッグとして、優美なフォルムの「ロイヤルモデル」が濱野のシンボルとして広く知られることとなりました。
そして現在、濱野皮革工藝が掲げるテーマは「日本女性を美しく引き立てるバッグ」。濱野は、グローバル化が進む現状において、世界に通用する日本の美を追求しています。

江戸時代、革製のつばや鞘を手がけていた濱野清太郎の技術を受け継いだ甥の伝吉が「濱野伝吉商店」の名で創業したのは明治13年(1880年)。ちょうど、長い鎖国の眠りから覚めた日本が、近代化に向かって走りはじめた時期でした。街ゆく人々の装いに西洋の風が吹き込んだ時代に、その変化を敏感に感じ取った二代目初男は、当時は大変珍しかったVOGUE誌など欧米のファッション誌を取り寄せたり、研修のために職人をフランスに派遣するなどして、徹底して世界のトレンドを研究しました。その結果、バッグといえば丈夫でがっちりした箱型という、それまでの常識を破る美しい曲線美を持つハンドバッグを世におくりだすこととなりました。

3代目の敬之は、乗馬の腕前を見込まれ、ハワイのポロトーナメントに出場した後、皇室のポロ競技のご指南役を拝命されたことによって、世界のセレブリティとの交流を深めることとなりました。そのことがきっかけとなり、日本の皇室から海外の国賓に贈られるバッグとして、優美なフォルムの「ロイヤルモデル」が濱野のシンボルとして広く知られることとなりました。そして現在、濱野皮革工藝が掲げるテーマは「日本女性を美しく引き立てるバッグ」。濱野は、グローバル化が進む現状において、世界に通用する日本の美を追求しています。