濱野皮革工藝 公式オンラインショップ|インタビュー 礒 絵里子さん×濱野皮革工藝


※礒 絵里子さん:以下 、 濱野皮革工藝編集部:以下濱野

濱野:この度は貴重なお時間を頂戴し、誠にありがとうございます。早速ではございますが、現在ご使用頂いているクラッシーアーバントートの使い心地についてお聞かせ下さい。

礒:そうですね、やはりどうしても大荷物になってしまうので、例えば今日は持参していませんが、大抵外出する際はいつも楽器を背負って、譜面も持ち運ばなければいけないのですが、そういう時にA4サイズ対応ですと、譜面がバッグにすっきり入るのでとても便利だと思いました。それから、私は外出時片道1時間以上電車に乗らなければいけないので、スマートフォンの充電器ですとかイヤホン、ペットボトルなど色々な物を持ち歩く時にこのバッグ1つに全て収まってくれるのがとても良いと思います。今までは楽器を背負っているのもありますが、ポシェットなどの小さなバッグと小さな袋のようなものを2つ合わせて持たなければいけなかったのが1つに全てまとまってくれる所が良いですね。

濱野:ありがとうございます。しっかり使いこなして頂き、またご愛用頂いている感がとても伝わってきてこちらとしてもありがたい限りです!容量がたっぷり収納できるのはこのバッグの自慢でもあります。他にも、こちらのバッグに関しての感想はございますか?

礒:そうですね、使用しているレザーがとても良い素材であることが見た瞬間から伝わって来る事と、使い心地が本当にとても良いという事です。それから一度このバッグを持って外出した際雨に振られてしまったのですが、その跡も全く残る事なく、とても強くて丈夫な子だな、と思いました(笑)実際雨に降られた後はどうしよう!と思っていたのですが乾いた布で拭いて乾かしたのが良かったのか…

濱野:そうだったんですね!!実際このバッグにも使用しているレザーは雨にとても弱いので、礒さんのアフターケアがすごく良かったのだと思います。丁寧に使用して頂いているのが分かりますね、本当に嬉しい限りです。

濱野:ところで、使用して頂くシーンはやはりお仕事で使って頂く事が多いのでしょうか?

礒:そうですね、というかあまり仕事以外で出掛けないというか…(笑)まだパーティなどの場所に持って行ってはいないのですが、そういう華やかなシーンにもこのバッグでしたら持って行けると思いますし、是非そのような機会があれば持って行きたいなと思うバッグですね。「パーティバッグ」と言われるバッグというのはお財布すらも入らないものが多かったりするじゃないですか。小脇に抱えるいかにも…なバッグですね。でもこのバッグだとそういう心配もないですし、ドレスなどにも合わせて持つことも出来ると思うので、そういうシーンでもこれからどんどん使っていきたいと思っています。

濱野: ありがとうございます。素敵なシーンでどんどんお持ち頂きたいです。もし宜しければバッグの中身を拝見させて頂けますでしょうか?

礒:こんな感じなのですが…このバッグを使用していて最近編み出した使い方がありまして、こんな風に少しずつまとめて全部の荷物を縦に入れると中に入れたい物がたくさん入りますし、何より取り出しやすいんです。それから、折りたたみ傘も縦にすっきり入ってくれるし、それでいて頭が飛び出さないんです、本当に優秀なバッグです。

濱野: なるほど!このバッグは高さもありますしね、そこにプラスして礒さん流に使い方をアレンジしてバッグをご使用頂いていると。礒さんは本当にまとめ上手ですね、こちらの方法はHAMANOのバッグユーザーの皆さんにも是非お勧めしたい使い方です。

礒:ありがとうございます。やはり遠くに引っ越しをしてから、いかにコンパクトにまとめるかを重要にしていて。入れたいものはきちんと入りますからとても便利ですよね。後は震災以降、少しは食べ物をバッグの中に入れておきたくて。そういうちょっとしたお菓子関係も内側にあるポケットに忍ばせたりしています。

濱野:内側にあるポケットがそこで活躍しているのですね。 使いこなして頂き、本当にありがとうございます。
さて、ここまでバッグの使用感など、たくさんお話を伺ってきましたが、現在ヴァイオリニストとしてご活躍されている礒さんの活動に関してもお聞かせください。

礒: はい、現在はフリーランスのヴァイオリニストとして日本国内を色々と回らせて頂いています。「小学生に音楽を届ける」という活動もしていまして、その活動の一環として最近だと沖縄の名護に行ってきました。

濱野: そうですか、小さいお子様に音楽を届けるというお話ですが、0歳児のお子様にクラシックを聴いて貰う活動もなさっていらっしゃるんですよね。

礒: はい、とても楽しくやらせて頂いています。最近は0歳児、いわゆる未就学児のお子様にご入場頂けるコンサートの機会が多いです。お子様のご両親が音楽好きで、最近聴いていなかったクラシックを久々に聴けてとても良かった、という感想も頂きますね。そういった言葉が聞けるのはとても嬉しいです。後は子供たちが人生最初に聴くクラシック音楽が私たちの演奏なのだと思うと、気合も入りますし、やりがいを感じます。後は約3年振りにCDをリリースするのでその準備を頑張っている最中です。

濱野:小さなお子様が最初に聴くクラシックを演奏する、本当に素晴らしいと思います。そしてCDをリリースされるんですね!!是非、完成を楽しみにしています。今後もこのバッグと一緒に日本中を幸せな音楽でいっぱいにして頂ければと思います。本日は貴重なお時間を頂戴し本当にありがとうございました。

撮影場所:クレイサス表参道店
オフィシャルサイト:http://www.clathas.co.jp/



桐朋学園大学卒業後、I・オイストラフ氏に招かれ、文化庁芸術家在外派遣研修員としてブリュッセル王立音楽院に留学。大賞を受賞し首席修了。マリア・カナルス国際コンクールほか国内外の数々のコンクールで入賞。世界各地でのリサイタル、ソリストとしてチェコフィル、プラハ室内管、ヴェネツィア合奏団など国内外のオーケストラと多数共演し「知性と感性と技術の実力派」と高い評価を得る。愛知万博での草刈民代氏とのコラボレーションは話題を呼んだ。宮崎国際音楽祭へは毎年参加、「題名のない音楽会21」「アインシュタインの眼」ほかテレビ・ラジオ出演も多く、現在FMヨコハマ「礒絵里子のSEASIDE CLASSIC」でパーソナリティを務めている。

全国各地での学校訪問コンサート、企業環境TVCFの演奏出演をきっかけに社会貢献活動に積極的に寄与。洗足学園音楽大学で後進の指導にもあたるなどその活動は多岐にわたる。'07デビュー10周年を記念しリサイタルシリーズを開始。自身の音楽的基盤を築いた国の作曲家に焦点をあてた第1回「ベルギー・コレクション」は大好評を博し、NHK「クラシック倶楽部」で放映。若手演奏家世代の一翼を担う実力派ヴァイオリニストとしてメインのソロ活動に加え、デュオ・プリマやアンサンブルΦ(ファイ)など多彩な演奏活動を展開。真摯な演奏への取り組み、確かな技量に基づいたヨーロッパ仕込みの洗練された感性には定評があり「気負いのないしなやかな活動ぶりが、クラシック音楽シーンで着実に存在感を放っている」など各媒体で高く評されている。

オフィシャルHP:http://www.34-net.com/eriko



クラッシー アーバントート

きちんとしたワーキングス―ツから、デニムにシャツをあわせたラフなスタイルまで幅広く合わせていただける「クラッシーアーバントート」。誰からも愛されるスタンダードなシルエットと、深みのある落ち着いたカラーで都会的なお洒落を楽しめます。

▼クラッシー アーバントート

カテゴリー検索

タイプ別検索
タイプ別検索

会員特別ページ
営業日

土日・祝日は、ご注文受付・商品の発送
お問い合わせへの返信をお休みさせていただきます。

営業時間:平日9:30〜17:00