ホーム > シーン別検索 > お仕事バッグ > オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

Oilcroco Clasp 2way Handbag
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

なんと言っても落ち着いた高級感を放つ口金がポイントのこのハンドバッグは、濱野皮革工藝軽井沢工場にある資料室によって大切に保管されていた、戦後ヨーロッパより輸入したハンドバッグを基お作りしました。クロコダイルの革を贅沢に使って、現代風にデザインをアレンジした濱野の歴史と技術が十分にお伝えできるハンドバッグに仕上がっています。

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

Craftsmanship
妥協のない職人のこだわり

こちらのバッグの特徴とも言える口金は、サンプルを基にオリジナルで製作をした特注品です。金具職人と何度もやりとりをして、ようやく納得できる金具をつくることができました。 しかしこれだけの大きな口金のバッグを作るのは本来至難の業です。バッグ上部にこれだけ大きな口金を取り付けるには、バッグのバランスを保つ綿密な設計と精巧なパーツ、それを仕立てる熟練した技術が必要になります。 口金にはクロコダイル(口金上部)と牛革(口金下部)の革巻きがしてあります。通常口金を使用すると金具部分が丸見えのものが多いのですが、この口金にはしっかりと革が巻きつけてあります。口金に革を張りこんでいく作業は特に神経を使う作業の一つで、ほんのわずかな歪みが生じれば口金の開閉は出来なくなりますし、バッグ全体がゆがむことにも繋がります。職人は革の繊維の方向を見極め裁断し、ダボつきやツレが無い様慎重に仕上げます。正確に仕上がった革巻きの口金が出来なければ、バッグが出来上がらないといっても過言ではありません。
また、このバッグはいくつも革が重なりあう場所がいくつもあります。革が重なり合うとそこに厚みが生じ、バッグのシルエットにも大きく作用する為、2人のベテラン剥き職人がクロコダイルの革が切れないギリギリのラインまで一カ所一カ所丁寧に剥いています。剥きは濱野皮革工藝がバッグを製造する上で最もこだわるポイントの一つでもあります。通常のバッグを作る際でも表面の革部分は勿論、バッグの芯材まで丁寧に剥くことによって美しいバッグのフォルムを演出しています。最近ではなかなかここまで気を遣うバッグづくりが少なくなるなか、濱野皮革工藝ではこの「剥き」が最終的にできあがったバッグのフォルムやデザインに大きく影響することを知っているため、一切手抜きはしません。特に今回使用している、クロコダイルは腑の谷の部分が山の部分に比べ薄いのでこの剥き作業にはベテランの職人が神経を集中し作業を進めていきます。 その細かい作業によってこれだけシャープなラインが実現できていると言えます。

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

  • 詳細画像1
  • 詳細画像2
  • 詳細画像3
  • 詳細画像4
  • 詳細画像5
  • 詳細画像6
  • 詳細画像7
  • 詳細画像9
  • 詳細画像10
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

バッグのハンドル部分の作り方もこだわりの一つです。 良く見るとバッグのハンドル部分の中央が丸く盛り上がっているのがわかります。このように丸くなっていることにより、手に馴染み、持ちやすいのですが、濱野皮革工藝がこだわっているのはその製法にあります。通常この様なハンドルの芯になるものはゴム芯などが多く出回っているなか、HAMANOでは昔ならではの技術であるコルクを削って丸みをつけ芯にする作業をおこなっております。通常のゴム芯などに比べより温かみのあるハンドルが出来上がるのですが、コルクを芯材として取り扱っている所はほとんどありません。しかし、実際に手に持つ部分こそ手間を惜しんで仕上げることで、手にかかる負担が少なく持ちやすいハンドルに仕上がっています。
このようにして手間を惜しんで作りこんだバッグは、熟練した職人が仕立てても1本あたり、240分(4時間)もかかって仕立てられています。

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
  • オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
  • オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

このバッグの最大の特徴の一つでもあるのが、バッグ内側に使用されている生地です。近年幅広い年代に支持を得て非常に人気の高いリバティプリントを使用しています。そんなリバティプリントの中でも、今回のクロコダイル企画で使用したのは、クラシックコレクションの中のIanthe(アイアンシ)です。リバティプリントを代表するアールヌーボー柄で、歴史があり1967年に初めてリバティプリント社の為にプリントされたそうです。現代でも家具やスカーフなどの人気商材から、幅広い分野で人気のあるプリントになります。そんな歴史あるリバティプリントを使用してお仕立てしたハンドバッグをご紹介します。 ちょっとしたことではありますが、バッグ内側のオープンポケットにはクロコダイルの革で額取りがしてあり、オープンポケットの端に濱野オリジナルのネームプレート(金具)が挟み込んであります。また、内側のファスナーポケットのファスナー引手は持ちやすさも考えながら、リバティプリントの雰囲気に合うような金具の引手をチョイスしました。
外見から感じられる高級感とバッグを開けた時の華やかさは「持っているだけでその日1日を特別に感じさせてくれる・・・」そんなバッグに仕上がっております。

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

■サイズ
縦:約22.5cm
横:約28〜32cm
マチ:約12.5cm
持ち手高さ:約13.5cm
ショルダーベルト長さ:約92cm
※サイズは外寸です。

■重さ
約980g

■スペック
内側 オープンポケット×1
内側 ファスナーポケット×1
外側 ひねり金具付きポケット×1
外側 底鋲×5

■素材
ボディ:牛革×クロコ革
内装:綿(リバティプリント)×牛革×クロコ革
ショルダーベルト:牛革

■日本製

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

インドネシア産のラージスケールという種類のクロコダイルの革を贅沢に2枚使用しており、勿論バッグ正面と背面はクロコダイルの腑が一番きれいに見える様にセンター取りでお仕立てしております。また、マットクロコではありますが、少し艶感を加えバッグの雰囲気にあった品の良い雰囲気が出る様、艶感にもこだわり染め上げています。

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

[ 知っておいていただきたいこと ]
革の自然な風合いを損なわないように仕上げてあります。そのため完全な色止め加工を行うことができませんので雨の日や汗をかいた時、薄色の服装をされるときなどはお気をつけ下さい。また濡れてしまった時には、強くこすらず柔らかな布で軽くたたく様にして拭きとり陰干しをしてから保管してください。

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ
オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

オイルクロコ クラスプ2wayハンドバッグ

商品番号 65-67611

販売価格427,680円(本体価格:396,000円)

[3,960ポイント進呈 ]

カラー\出荷予定日 ご注文から約2ヶ月後
【販売終了】ブラック ×
【販売終了】キャラメルブラウン ×

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。


 
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

このアイテムを見た人は、こんなアイテムもチェックしています!