送料無料キャンペーン

ホーム > HAMANOストーリー > クラフトマンシップ

鉄の香りが漂う工房に一歩足を踏み入れると、年季の入った機材たちがところせましと並んでいます。この工房で製作にあたっているのが「土岐悟」、イタリア名門バッグメーカー「シレッティ社」の伝統技法である口金細工を受け継ぐ唯一の日本人です。
口金細工とは、バッグの開閉部分に使われる口金に樹脂で土台を作り、そこへ天然石や淡水パールをはめ込み、樹脂の部分に流れるような彫刻を施した、濱野が世界に誇る職人の技法です。
「本物を真似るだけじゃダメ、それ以上をつくりださないと。」口金製作を始めた当初から大切にしている師匠の口金を見つめながら土岐氏は言います。繊細な彫刻がちりばめられた口金は、美しさへのたゆまない努力と、追求心の賜物です。

口金が出来上がるまでにはいくつかの工房があります。
まず、鉄の板を裁断し、磨きをかける。その後メッキ塗装を施し、組み立て、装飾をする。一つ一つの作業には専門の知識と経験が不可欠であり、熟練の職人によって仕事は分担されています。
「手間暇かけてしっかり仕上げる」という基本を大切にする職人たちと仕事ができる喜びを、土岐氏は「最高のチームだ。」と教えてくれました。「自分のつくった作品だと自信を持って言えるような仕事がしたい。」そう語る真っすぐな想いと共に濱野のバッグは輝き続けていきます。

鉄の香りが漂う工房に一歩足を踏み入れると、年季の入った機材たちがところせましと並んでいます。この工房で製作にあたっているのが「土岐悟」、イタリア名門バッグメーカー「シレッティ社」の伝統技法である口金細工を受け継ぐ唯一の日本人です。口金細工とは、バッグの開閉部分に使われる口金に樹脂で土台を作り、そこへ天然石や淡水パールをはめ込み、樹脂の部分に流れるような彫刻を施した、濱野が世界に誇る職人の技法です。「本物を真似るだけじゃダメ、それ以上をつくりださないと。」口金製作を始めた当初から大切にしている師匠の口金を見つめながら土岐氏は言います。繊細な彫刻がちりばめられた口金は、美しさへのたゆまない努力と、追求心の賜物です。

口金が出来上がるまでにはいくつかの工房があります。まず、鉄の板を裁断し、磨きをかける。その後メッキ塗装を施し、組み立て、装飾をする。一つ一つの作業には専門の知識と経験が不可欠であり、熟練の職人によって仕事は分担されています。「手間暇かけてしっかり仕上げる」という基本を大切にする職人たちと仕事ができる喜びを、土岐氏は「最高のチームだ。」と教えてくれました。「自分のつくった作品だと自信を持って言えるような仕事がしたい。」そう語る真っすぐな想いと共に濱野のバッグは輝き続けていきます。